logo_bk.png

About

Brand Philosophy

”オリンピック選手になりたい”

物心ついた時からずっと想い続けた私の夢だった。

2020年1月。

世界5大陸を周り、4年に1度のオリンピックに全てを捧げるこの旅を終え、

自分が生まれた国ではなく、プロ現役生活でたくさんの時間を過ごした

オーストラリアに戻り、このとても美しいボンダイビーチを拠点にして 新しい人生、

そしてこの”泳ぐ”が軸にあるライフスタイルブランドをスタートする事に決めた。

 

それは、自分がオリンピックに情熱を捧げてきた事と同じくらいカルチャーが大好きで

ワールドツアーで世界の各都市へ行く度に様々な国のカルチャーを目で見て、

肌で感じてきたその中で、アウトドアやランニング、ヨガなどのライフスタイルブランドでは、

実際の競技で使用するギアから街着として着る事ができるウエアが展開されているが、

これまでスイムウエア・ブランドで、街着に落とし込んだウエアを展開しているブランドがない

事に世界5大陸を周った後に気がついた。

It's a dream I've had for as long as I can remember. January 2020.

I'll have travelled to five continents and given my all to the Olympic Games, which happen every four years. I will return to Australia, not the country where I was born, but the country where I have spent much of my professional life. I'm back in Australia, where I spent a lot of time during my professional career. I decided to start a new life and a lifestyle brand based on swimming.

I love culture as much as I love the Olympics and I've always had a passion for it. Every time I go on a world tour to different cities, I see and feel the culture of different countries. I've seen and felt the culture of many countries as I travel to cities around the world. However, until now, after travelling around the five continents, we realised that no swimwear brand has developed streetwear.

「泳ぐ」がキーになったブランドが、

世の中にこれだけたくさんのブランドがある中で、まだブルー・オーシャンというか、

自分が今日までにオリンピックで勝つために生きてきた中で得たマイルストーンを活かして、世の中に価値を提供してみたい、表現をしたいと思った。

自分が水泳競技に対して世界最高峰を目指して取り組んできた感覚と熱意をプロダクト制作にお とし込み表現しようと決めた。そのくらいの覚悟がないと、アイスイムのプロダクトを手に取っ てくださった方に感動や喜びを感じてもらえないと思ったから。

10年間の日本代表での競技生活で地球を何周もして、

世界中にライフスタイルに泳ぐことがある人たちがたくさんいることにリアルに気がついた。

だから、ライフスタイルに”泳ぐ”がある人たちに向けた新しいコミュニティーを作りたいと思った。

例えば、このアイスイムのブランドロゴを見たら「この人、泳いでいるんだ」と思って欲しいというか。

例えば、シドニーでそんな出来事があったら「明日、一緒に海で泳ぎましょう」とか、

ロンドンのホテルのバーでアイスイムのシャツを着ている人に話かけたら、

その2人がたまたまトライアスリートで「明日の朝、一緒に走りましょう」とか、 そういう連鎖が起きたらいいなと思っています。

"Swimming” is the core concept of this brand.

There are so many brands in the world. but it's still a blue ocean.

I wanted to use the milestones I had achieved in my life to win the Olympic Games to provide value to the world and to express myself.

I decided to express my enthusiasm for swimming by creating a product based on my experience of swimming at the highest level in the world.

I thought that if Ididn't have that kind of determination,

I wouldn't be able to bring joy and excitement to the people who would pick up my products.

In my 10 years of competing for Japan, I've circumnavigated the globe many times.

I realised that there are many people around the world who have swimming as a lifestyle.

なぜなら、私が考える人生の醍醐味は『人との出逢い』だと思っているから。

私はオリンピアンになってから今までいろんな国へいろんな街へ行きその事を 1番感じたから。

私はスポーツとカルチャーは世界共通語だと思っている。

スポーツを通して様々な国の人、文化、宗教、言語を越えてコミュニケーションを取れる。

見ること、すること、支えること。全てがスポーツ。 それがスポーツの価値だと思っている。

スポーツを通じて、 私は世界中に、たくさんの友達がいる。

例え、1年に1回しか会えなくても今の時代SNSを通じてお互いの近況を知ることができるし、

再会できた時の嬉しさはとてつもなく大きい。

So I wanted to create a new community for those people who have "swimming" in their lifestyle.

For example, we want people to think "this person swims" when they see the ISWIM brand logo.

For example, if you bumped into someone in Sydney, you could say, "Let's swim in the sea together tomorrow”.

I'd like to be able to talk to someone in a hotel bar in London who is wearing an ISWIM shirt and find out they happen to be a triathlete and say, "Let's run together tomorrow morning". I'd like to see a chain of events like that happen.

Because, in my opinion, the best part of life is the people you meet.

Since I became an Olympian, I have been to many countries, many cities and I have felt this most of all.

I believe that sport and culture are the universal language.

Through sport we can communicate with people from different countries, cultures, religions and languages.

To see, to do, to support. Everything is sport. That is the value of sport.

アイスイムのプロダクトを通じて、少し旅に出てみようと思ったり、普段違う場所で泳ごうと思ったり、

これからアイスイムが企画するリアルな体験価値のコミュニティーイベントで、

世界中の“泳ぐがあるライフスタイルという共通点から新しい出逢いに遭遇するきっかけになったり、

1つの事を継続する素晴らしさ、”泳ぐ”を通じて自分自身のウェルネスを築く素晴らしさ、そんな素敵なパワーを世界中に届けたいと思っています。

近い未来、このブランドが世界中のライフスタイルに”泳ぐ”がある人達に1番身近にあり、

1番愛されるようなブランドになっている日を夢見て、今日もアイディアを形にしていきたいと思う。

-康-

Through sport, I have a lot of friends all over the world. Even if we only meet once a year,

we can keep in touch with each other through social networks.

And when we meet again, it's a great feeling.

Through our products, we hope to inspire people to travel a little, to swim in different places, and to experience the world.

In the future, ISWIM will organise community events with real experience value,

where people from all over the world will have the opportunity to meet new people through the commonality of a lifestyle with swimming.

 

We want to bring the power of the swim to the world,

to inspire people to keep doing one thing, to build their own wellness through swimming.

 

We want to bring this power to the world.

In the near future, we want our brand to be the most accessible and the most loved by people all over the world

who have "swimming" as part of their lifestyle.

In the near future, this brand will be the most familiar and the most loved brand for people

who have "swimming" in their lifestyle. We hope you like it.

-YASU-

Company

スクリーンショット 2021-05-31 17.58.21.png